みんなのクチコミが 294,629 件!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

バスターの空間

  • RSS

プロフィール

ディレッタントへの道さえ険しい、男・40代・自営業者。
福岡県北九州市に在住。

『カーボン子爵』の称号(http://www.kanshin.com/index.php3?...)を得てはいるが、子爵では収まらない自分のフェチぶりに、今さらながら我ながら、瞠目の日々。

関心空間自転車部(コミュニティの方ではない)・九州地区部長。恐らく、日本一走らないシュペール・ランドヌール。
現在の目標:『エンドルフィン銀輪派』である事の徹底。

忍耐力を付けたいので、オナガフクロウに扮装中。
枝の先っぽにも、意外に上手くとまれるものだ。

  • バスターの画像
  • 2016/07/29更新
  • 2001/11/14登録

最近のキーワード »

人名・団体名Billie Marten

最近は、いわゆるコンテンポラリ・フォークに分類される若手アーティストの曲を聴く事が多い。 その中でも、特に注目しているのがBillie Marten。現時点で若干17歳、...

  • 16/07/29
  • つながり: 0
  • コメント: 0
  • クリック: 1129

テーマパーク・遊園地長崎ペンギン水族館

長崎ペンギン水族館 長崎市立の水族館。1998年に閉館した長崎水族館の後継施設として、2001年4月に新築された。 その...

  • 12/07/31
  • つながり: 36
  • コメント: 11
  • クリック: 14649

自動車・バイク・自転車RENAULT Megane RS

RENAULT Megane RS ヨーロッパにおいてはVW GolfやPEUGEOT 308など、2ℓ前後の排気量に併せてややコンパク...

  • 12/02/23
  • つながり: 6
  • コメント: 9
  • クリック: 8722

国内旅行楓の小舎

由布岳の麓にひっそりと佇む、全室露天風呂付き離れの宿。 充実した設備と客任せ志向の対応、そして静寂に包まれたロケーションで、深いくつろぎを提供してくれる。 食事は上質かつ...

  • 12/01/06
  • つながり: 1
  • コメント: 0
  • クリック: 3878

国内旅行旅亭 田乃倉

落ち着いた風情と礼儀正しいおもてなし、そしてハイレベルな料理を以て、群雄割拠の由布院にありながら御三家に続く評判を得ている、小規模高級旅館。 往来が激しい湯の坪の一角にあ...

  • 11/08/09
  • つながり: 2
  • コメント: 0
  • クリック: 3107

国内旅行数寄の宿 野鶴亭

鹿児島県で最古とされる日当山温泉。共同浴場が大半を占める中で、ほぼ一人勝ちと言えそうな評判を得ている中規模温泉旅館が『野鶴亭』である。 母屋を取り巻くように離れ4棟5室(...

  • 11/07/25
  • つながり: 6
  • コメント: 0
  • クリック: 6839

最近の日記 »

2016/07/28

関心空間が終わりを告げる。 思い起こせば、インターネットを利用するようになって約2年後、ここを知って何の迷いもなくメンバー登録し、このIT素人は試運転期から居座ったのであった。 インターネットとパソコン、そして関心空間がなければ、決して知り会わないと言っても過言ではない方々。皆さんとの交流は、他では得難い大変価値のある体験だった。その点については、感謝しかない。運営お疲れ様でした。 現在の軸足はfacebookに置いています。もしも私に用事がある...

2015/08/27

プライドのコスト

さて久々に宿レポートだ。 今回のメインは球磨川ラフティングで、宿泊はサイドディッシュ扱い。しかし、近隣の温泉地は未訪問の場所ばかりなので、それなりに期待をするのかしないのかやっぱりするのか、そんなテキトーな気持ちで人吉温泉『翠嵐楼』に予約を入れた。 もちろん、これまでのように、それなりに情報を収集した上で現地に赴いたわけだが、この宿では今までにないような雰囲気を体感させられる事となった。 概要はオフィシャルサイトをご覧いただければ把握できるので、...

2014/02/16

ルックスに始まり、ルックスに終わる

RENAULT Twingoの新型が、先日発表された。これは久々に、一目でピン!と来た素敵なルックスである。 コンセプトカーたるTwin'Runのイメージをかなり踏襲している上、非常にまとまりが良い。Aセグメントでこれほど洒落感のあるクルマは、ほとんど思い付かないな〜。 それに比べ、これまた先日発表されたPEUGEOT 108は、どうしたもんかね‥‥ プレミアム感はあるものの鈍重なので、まるでCセグメントのクルマを四方からむりやり圧縮したように見...

2013/08/15

水平線の向こう側を想う

『パシフィック・リム』、これは膨満感を120%楽しめる、特濃怪獣映画だった。 イェーガーと怪獣の戦いを、あまり引かずに描写する事で、2者の巨大さをみっちりと表現できている。相変わらず怪獣のディテールがグロいというデル・トロ色も出ているし、ストーリーがシンプルなので映像に集中できた。この作品を捧げられた2人の偉大なる先達に、私も思わず手を合わせたものである。 で、つい先日、『ワールドウォーZ』の上映開始を某シネコンのロビーで待っている時の事。 私と...

ページの先頭へ ページの先頭へ