関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ごくらくちんみ

ごくらくちんみ

  • ごくらくちんみの画像

杉浦日向子の最後の掌編小説集が文庫化された。

くさや、たたみいわし、とうふよう、ふきみそ、からすみ、ほやしょうゆづけ、しおなっとう……タイトル通り、極上の珍味を素材につづる掌編集。珍味の舌触り、歯触り、香り、喉ごしと重ね合わせるように描かれる、登場人物たちの、ちょっと可笑しかったり、切なかったり、深く悲しかったりするココロ模様。いやあ、素晴らしい。まさに極楽。

何より、珍味のその美味しそうなこと! もう読んでると、ひたすら胃袋がぎゅうぎゅうと刺激される。舌鼓の、そのまさに鼓の音の、小気味よい、心地よいリズムが聞こえてきて、トントンと胃袋をノックする。

たとえば、「あんきも」のこの描写。

-------
 口中で転がしていると、ふいにほろっと細片が崩れ、それを舌で追い裏漉しするように潰す。部位により微妙に香りが違う。そこへひやおろし。海底の沈黙は、豊かな時を育むふとんなのかもしれない。
-------

あぁ、もう参った。このたったの3行ほどで、頭の中があんきもと、ひやおろしのことで一杯だ。そう、もうひやおろしの季節だ。ああ、飲みてぇ。あん肝食いてぇ。

勢い余って、脱線した……。

描かれる人物の、なんかこう「他愛のない」加減の佇まいもいい。その他愛のなさに、胃袋ではなく、今度は琴線が刺激されて、グッとくる。

珍味って、珍重なものだし、ホントに美味しいんだけど、なんというか、とるに足らない、他愛のないものじゃないですか。人生も同様に、ホントに他愛のないもの。ワタシの頭の中のぐちゃぐちゃもすれ違う人にはなんの意味もない。とるに足らないもの。

その他愛のないもの。珍妙なる旨味の固まりを、ちびりちびりと削り取っては嘗めていく。そして味わう。そして、それがやめられない。そんな感じ。まさに珍味。

その珍味を何度も何度も噛みしめるように、繰り返し読んでいる。ああ、この人が書く「珍味」の話をもっと読みたい。でも、それは叶わない。

切ない。

そんな幸せと切なさを噛みしめる秋の空。だからして、今は無性に珍味が、珍味だけが食べたい。

------
追記:このキーワードを登録して3年。まさか日向子さんのお兄さんと仕事する日が来るとは……。

ごくらくちんみ

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

忍者ワタリ画像 投稿者:
忍者ワタリ
詳細情報
  • 2009/10/28更新
  • 2006/09/01登録
  • 6251クリック

このキーワードを共有する

このキーワードはコレクションに選ばれています(2)

コメント (1)

2006/09/02

kecotte ワタリさ~~~ん、ダメ、も~悶えちゃう!!このキーワード読むとなぜかあらゆる意味で無性に悔しい!

つながりキーワード (5)

飲食店天ぷら 天すけ

  • (スイーツ姫)

高円寺の小さなカウンター天ぷらやさん。 何年ぶりやろ・・・・・・ カウンターで食べる天ぷら!!!!! それだけでもテンションがあがるってのに、 ここの品揃えはさ...

人名・団体名杉浦日向子

  • (ウラウラ)

江戸歴史風俗研究家、作家、マンガ家。 いろんな肩書を超越した存在感は、NHKの『お江戸でござる』にて確認可能。 著書多数。 ふくふくしてて、かわいらしい人。 そして酒豪。 2005年...

漫画家としての才はもちろん、素晴らしい文章家でもあった杉浦日向子さんのエッセイ。 杉浦さんの文章はどれも、巧みな文章力と語彙の広さと、ほどよい軽妙さで本当に魅力的だが、私が特に好きなのは編集...

ブック4時のオヤツ

  • (スノーク)

(冒頭より)  四時って、半端だ。午前にせよ、午後にせよ。深夜でも、明け方でもない。昼間でも、夜でもない。夜明け前、そして、黄昏れ時。そんな、半端な時間に、ふと、口寂しく...

書籍ソバ屋で憩う

  • (ぬほりん)

杉浦日向子とソ連(ソバ好き連)が呑んでたぐったソバ屋101店が紹介された本。 単行本も出ているがこれは文庫版。 ガイド本と言えるかどうかは微妙だが、道楽本ではあるし、なん...

携帯でこのページにアクセス

ごくらくちんみ

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-999655

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ