関心空間はアートのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

でんどういん

伝道院

  • 伝道院の画像

 京都にある建築物。あの、伊東忠太の作品。

 こんなものが普通の街並みに突然出現するのが京都の醍醐味。これを知ったのもそんな感じだった。西本願寺前の交差点の信号待ちで角の仏具屋のショーウィンドウを見ていて、ふと目を通りのほうにやったときに塔が見えたのだった。

 異国情緒のあふれる、国籍不明の建築物。周囲の車止めの彫刻の独特なかわいらしさにも目を奪われる。多くの彫刻の突起部分(象の鼻とか)が折れているのが残念。細い生活道路に面しているために自動車が引っ掛けたり不届き者がいたずらで折ったりしたのだろう。このような「作品」と呼べるものが生活空間に混在しているのは素晴らしいが、こういった「事故」をなくすことは難しい。また、それを修復すると原型から遠ざかる気もする。文化財の保護のあり方について考えさせられる。結論は出ない・・・

伝道院

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

panhead画像 投稿者:
panhead
  • 2016/08/12登録
  • 679クリック

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (4)

デザイン・写真・建築二楽荘

  • (panhead)

日本建築史の中でも異彩を放つ(?)建築物。個人のパラノイアックな情念が結晶した怪建築。残念ながら焼失された。真宗大谷派の法主大谷光瑞が神戸に建てさせた。大谷光瑞はシルクロ...

デザイン・写真・建築伊東忠太の世界展

  • (スズキシゲオ)

ワタリウムにて開催される建築家伊東忠太の回顧展。 築地本願寺や法隆寺・エンタシス・ギリシア伝来説などで知られる伊東忠太の本格的な展覧会。建築図面、家具、石像、絵画、スケ...

デザイン・写真・建築伝道院

  • (くろ)

異色の建築家、伊東忠太設計の本願寺伝道院(京都)が4年余りも「たなざらし」になっているそうです。(asahi.com記事より) http://www.asahi.com...

正式名称は「浄土真宗本願寺派本願寺築地別院」 発祥は1617年だそうですが、 現在の古代インド様式の独特な建物は、 1934年に東京(帝国)大学工学部教授・伊東忠太博士に...

携帯でこのページにアクセス

伝道院

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-5031094

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ