関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

Henri Tomasi  "12 Chants populaires de l'île de Corse"

アンリ・トマジ 「12のコルシカの歌」

  • アンリ・トマジ 「12のコルシカの歌」の画像

.
Henri Tomasi アンリ・トマジ(1901~1971) 仏の指揮者・作曲家
1952年 事故の為ほぼ聾唖に
最晩年の作 


テレーズ・ファレ=フィズィオ指揮
ガブリエル・フォーレ少女合唱団による
昭和52年度文化庁芸術祭参加作品 
(IPG KUX-3066) テイチクから販売

1980年代のはじめ 国立音楽大学のO先生より
 『 糸を紡いでいた時 』 という表題で LPレコードの紹介を戴き
後にテープ録音をお願いして入手

   *  *  *  *  *

たぶん このLPレコードをお持ちの方でしょう… 
2014年 以下YouTubeにこのアルバムがアップされておりました 
さいわいなるかな!
 
https://www.youtube.com/watch?...
第3曲"セレナーデ・舟歌"
第4曲"ニニーナ(子守歌)
第6曲"スパネットゥの哀歌"

https://www.youtube.com/watch?...
全 曲

2016.8.17 加筆

   *  *  *  *  *


全篇を覆う 冥さ は否めないが
少女たちの清冽で細く美しい声にたましひを奪われる。

 1:糸を紡いでいた時(悲歌Ⅰ)
 2:コルテの人々(選挙の歌)
 3:目をさませ(セレナーデ=舟歌)
 4:可愛い娘(子守歌)
 5:愚かな羊飼い(風刺の歌)
 6:スパネットゥの哀歌(ロバの弔い歌)
 7:波間の漁夫(漁夫の歌)
 8:静かに 静かに(悲歌Ⅱ)
 9:アンドリ小父さん(ユーモラスなロンド)
10:クシオーニの山中に(子守歌)
11:おお マッテウ(悲歌Ⅲ)
12:定期市の商人(物売りの歌)

             

…幽かな光を頼りに 仄暗い途を 手探りで歩む 

  アリアドネの糸 が 細く長く たなびいている

  暗い森から 風精(ジルフェ) が 怪しき薫香 を 運ぶ

  ある種 の 懐かしさ と 悲哀 が
 
   異郷 の 神秘の呪文の谺 に 堕ちてゆく… 

             

中世ポリフォニーに近いだろうか
敢えて謂うなら民族声楽合唱「ブルガリアン・ヴォイス」から
力強い土俗性を引き算して
異教の精霊たちの繊細な悲哀を唄っているとでも謂おうか


暗中模索で永年探していたトマジに関する情報を
この好機を得て ぷ~れん閣下HP にて入手
閣下の博覧強記に深く感謝いたします!
http://www.geocities.co.jp/MusicHall/...

いもじな日々 HP 2010/5/23 「12のコルシカの歌」を聴く
LPジャケット画像が見られます。

画像: E Burne-Jones 宵の明星

2011.8.31 レコード情報を加筆





.

アンリ・トマジ 「12のコルシカの歌」

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

もえぎ 画像 投稿者:
もえぎ 
  • 2016/08/17更新
  • 2004/04/02登録
  • 11171クリック

このキーワードを共有する

コメント (8)

最新コメント5件

2005/04/08

懐古園の花 そうなんですか。現在は輸入盤含めて検索しても、出てこないです。残念。

2011/09/07

もえぎ  ぷ~れん閣下より、このページにリンクを頂いた折に、手持ちの合唱CDは聞くに値しない酷いもの。ぜひ一度、トマジのラッパものを聞いてくださいと伝言をいただきました。吹奏楽コンクール会場では、ふと目にしたプログラムにトマジの名前を見つけて、その曲名は忘れましたが殊更に意識して聴くことができました。YouTubeをサックリ検索すると、サックスのためのバラード は、うつくしいものですね。両親の故郷であるコルシカや、それに通ずる地中海を彷彿とさせる旋律に惹かれます。ぷ~れん閣下のトマジ評、「脱欧入亜のカメレオン:ゴーギャニスト」 には爆笑ですが、このLPは、ほんとうに素晴らしいもので、版権等の問題で流布されないのがとても残念です。

2016/08/17

salut-box おひさしぶりです。トマジの楽譜はほぼすべてがparisのAlphonse Luducから出版されています。つい先日までこのサイトでLuduc.の20%オフのバーゲンやっていて、トマジのピアノ曲を物色していたばかりでした(残念ながらピアノ曲は無し)。フルートをなさるご子息にはこのLuducは、親しき名前かもしれません。

salut-box 『12のコルシカの歌』。ありました。

2016/08/18

もえぎ  salut-box さん コメントとご教示 ありがとうございます。このキーワードをアップしてから12年が過ぎ、その間、何度か検索をかけると、一番多くヒットしたのは合唱コンクールや演奏会でこの曲を自由選択した学校や団体のHPでした。たぶん指導者がご教示のサイトなどから楽譜をDL購入したのかもしれません。トマジのピアノ曲は、残念でしたね。「子守歌 Berceuse (制作年不詳)」は、12のコルシカ中に被る表題なので聞いてみたいものです。 いずれにせよこの楽曲が、多くはないにしても歌い継がれているという事実を知って嬉しくなりました。一番人気は「コルテの人々」?リズミックな曲です。 「 12のコルシカの歌 」 は、CDも幾つか出たようですが、ぷ~れん閣下がお持ちのブルージャケットのCDは、確かに聴くに堪えがたいものでした。 上記:いもじな日々HP 2010-05-23 記録にあるLPこそが、YouTubeに ozisan dokozono氏がアップされているもので、このキーワードにあるLPです。 セレクト3曲もいいですが全曲版 24:40 10曲目クシオーニの山中に(子守歌)  は、ちょっとフォーレのレクイエムを想起させるような旋律があり、光の国へのいざないを感じたり…如何でしょう? 一期一会の出逢いと思えたこの歌が、人やwebを通して、40年近い時を経て、クリックひとつで容易に多くの人々が聴く事ができる…関心空間は、まもなくおしまいになりますが、終わりに出逢えた幸運と思っています。

つながりキーワード (7)

ミュージックAncient FM

  • (もえぎ )

http://www.ancientfm.com/ さしずめ 古楽FM といったところでしょうか? 終日24時間エンドレスALL   ♪PCを触りながら 延延と聞くこ...

キーワードにはできるだけ固有名詞を入力すべし  という但し書きに反するようだが 長年の疑問ゆえに こんな折折 みなさまどうされているのだろう 今となってはもう何年も前...

ミュージックHenri Tomasi

  • (懐古園の花)

Henri Tomasi " La Source Du Folkore" 忘れられし井戸のそこに、今も響く音たち。聞き返して、聞き返して、誘われる、夢。 (廃盤につき...

中世の尼僧にして科学者?、作曲家、その他。 ともあれ、リチャードサウザーがアレンジした「VISION」(原題「O Euchari(おおエウカリウス)」)は好き。ぜひ高級車...

*「カルミナ・ブラーナ」はもともと南ドイツに所蔵されていた中世の世俗歌曲のことで、ゴリアードと呼ばれる放浪の聖職者や学生達の風刺に満ちた作品が数多く含まれています。ドイツ...

〔アルバム〕『RITUAL』       LE MYSTERE DES VOIX BULGARES   〔演奏〕ブルガリア国立放送合唱団        指揮:ドラ・フリス...

ブルガリアは中東の影響を受けた独特な民謡を持っている。 ブルガリアの民謡は女声によるポリフォニーである。主旋律と並列する副旋律、そして上下しない通奏音。 このような和声は必然的に、西洋音楽的...

携帯でこのページにアクセス

アンリ・トマジ 「12のコルシカの歌」

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-443948

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ