関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ヴォイス・マガジン

Voice Magazine

  • Voice Magazineの画像

スイスにオフィスがあるBeat Rebmannが編集発行、ニュージーランドのNigel Mooreがアートディレクションとデザインを担当するオンライン・メディアである。
インフォメーションはFacebookとMySpaceそれにTwitterで行い、物理的な距離に関係なく全世界向きに発行する前衛的ネットワークスタイルの雑誌なのである。

ネタとなるものはいろいろで、音楽、フィルム、写真、デザインなどなどアートカルチャーに関わるもの全般。
パイロット版となるPilot Issueから数えて現在はvol.7まで発行済みで、約100ページのボリューム全ページがオンラインで読める。
しかもBGMとなる音楽を流しながらも可能だし、動画が埋め込まれたページではムービーも視聴可。写真やデザインなどのクオリティは高く、センスは抜群。
これで無料!

いやあ、雑誌出版はこれからどこへ向かって行くんでしょうね?

Voice Magazine

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

ぬほりん画像 投稿者:
ぬほりん
  • 2009/11/17更新
  • 2009/11/17登録
  • 4295クリック

このキーワードを共有する

このキーワードはコレクションに選ばれています(1)

コメント (2)

2009/11/17

雲衣。 ズ・ゴ・イ・!! オンライン「立ち読み」にまだ慣れていないので適当に流し読みしてますが とにかくズゴイ/笑。 戦前のアルベール・スキラの『SKIRA』時代から現代の『PARKETT』に至るまでスイスの美術書出版と印刷は凄かったけど、デジタル雑誌でもダダダ、ダだんぜん水を開けてるなー 。。。 参考 グワァンバレ 3週遅れのランナーさん/笑。

ぬほりん ズゴイっしょ!(笑) スイス・デザインはフランスやイタリアのような派手さはないけど、Helveticaのような堅実な凄さがあると思われ。vol.5あたりまで使われていたiTunes風のindexインターフェースが馴染みやすいっす(笑)。

つながりキーワード (4)

お手持ちのPDFファイル(文章・写真・絵など)をアップするだけでパラパラめくって閲覧できる形式にしてくれるサイトです。 そしてサイトやブログなどに簡単にはりつけ可能。軽...

アート関連の情報が満載 ガールズスナップ、カレンダーコンペなどイベントの 他、世界中のアートシーンを現地スタッフが随時更新

世界中からのアートを捉えた オンラインマガジン ブレイク一歩手前のアーティストなどを 特集したりするので、今後注目の アートシーン、アーティスト、海外情報を 得たい人にオ...

ファッションを中心としたオンラインマガジン かなりの情報を網羅 カメラマンとして、テリーリチャードソンも参加している

携帯でこのページにアクセス

Voice Magazine

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-1995422

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ