関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

はじめて読むドラッカー『テクノロジストの条件』 (技術編)

  • はじめて読むドラッカー『テクノロジストの条件』 (技術編)の画像

この本は、PFドラッカーが書いた、
労働者のための経営学、経営者のための現場論。といえる一冊。

今回、どうしてこの本をKWにしたかというと

テクノロジスト、専門職・・・・
ドクターなのか、理学療法士なのか作業療法士なのかそれは問わない。
でも、今回、この本の何割かでも、その人は知っておくべきだった。
そう思える場面に遭遇したからだ。


・仕事とは何か
・自分の達成すべき仕事の質はどこか
・サービスとは何か
・そして自分の顧客は誰か


・そして自分の客はどのように自分の商品をあつかうのか
・自分の客の、そのまた客は誰の言葉を信頼し、商品の購入にいたるのか
・その客の客は、今までどれほど高い質のサービスを受けた事があり、どれほど今もそれを受けたいと望んでいるか
・自分の客にも上司がいて、どれほど本人に影響を与えているか
・そして自分の言動が、どれだけ会社の信用を失わせるのか


・テクノロジスト、専門職も、自分をマネジメントしていかなければならない。

自分がそのような事を起こさないように、
もう一度ドラッカーを読み、今回の事を心に留めておきたい。


はじめて読むドラッカー『テクノロジストの条件』 (技術編)

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

m0122110画像 投稿者:
m0122110
Amazon詳細情報 毎日更新
  • 商品名: テクノロジストの条件 (はじめて読むドラッカー (技術編))
  • 価格: ¥1,890
  • 著者: P.F.ドラッカー
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005-07-29
  • 詳細をみる
  • 2009/02/05更新
  • 2009/02/05登録
  • 3941クリック

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (3)

「真摯さは修得できない。仕事についたときにもっていなければ、あとで身につけることはできない。真摯さはごまかしがきかない。一緒に働けば、特に、部下にはそのものが真摯であるか...

日経ビジネス・オンラインの連載小説。 作中の新日鉄とおぼしき巨大製鉄会社が、日本経済の危機的状況に対して会社組織を生き延びさせる為に何が出来るのか、を模索するという目的で...

1964年にP・F・ドラッカーという方に書かれた世界で最初の事業戦略の本といわれているものです。 訳者の上田氏によれば、ドラッカーは経営学を創始し確立した経営学者といわれ...

携帯でこのページにアクセス

はじめて読むドラッカー『テクノロジストの条件』 (技術編)

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (1)

ドラッカー 時代を超える言葉―洞察力を鍛える160の英知

  • 幸せになる読書のすすめ | Tracked: 09.12.10 3:45 pm

ドラッカー 時代を超える言葉―洞察力を鍛える160の英知 現代社会最高の哲人、ピーター・F・ドラッカー。 組織をより良くするための「マネジメント」の概念を提唱し、 普及してきた...

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-1713937

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ