関心空間はエンターテイメントのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

エイガ「スティーブ・ジョブズ(ゲンダイ:“Steve Jobs”)」(ダニー・ボイル カントク ×アーロン・ソーキン キャクホン ×マイケル・ファスベンダー×ケイト・ウィンスレット、2015ネン セイサクバン)

映画「スティーブ・ジョブズ(原題:“Steve Jobs”)」(ダニー・ボイル監督×アーロン・ソーキン脚本×マイケル・ファスベンダー×ケイト・ウィンスレット、2015年制作版)

  • 映画「スティーブ・ジョブズ(原題:“Steve Jobs”)」(ダニー・ボイル監督×アーロン・ソーキン脚本×マイケル・ファスベンダー×ケイト・ウィンスレット、2015年制作版)の画像

スティーブ・ジョブズの新たな伝記映画(ダニー・ボイル監督、2015年制作版)が日本でもロードショウ公開(2016年02月12日~)された。

…が、ジョブズを描いた映画には、既に、ジョシュア・マイケル・スターン監督×アシュトン・カッチャー主演による2013年制作版 原題:“Jobs”が在る。

とはいっても、本作は、けしてリメイク版というようなものではない。
その違いを比べてみると…、

キャッチコピーは、
2013年版では「最低な男が、最高の未来を創った」だった。
で、
2015年版では「口先ひとつで、世界を変えた男」となっている。

ストーリー展開は、
前作(2013年版)では、ジョブズの半生を、その特異なエピソードとともに可能な限り網羅的に描こうとしたため、それらの背景を知らないと解かりづらいシーンが散見された。
が、
本作(2015年版)では、前作を意識してか、扱われるエピソードはたったの三つ。
ひとつは1984年のMacintosh、もう一つは88年のNeXT Cube、残る一つは98年のiMac、これらの新作発表会における伝説のプレゼンテーションに関わるエピソードである。ただし、そのプレゼンテーションシーンは表に出さず「舞台裏のエピソード」のみに集約して描いている。

登場人物のキャスティングは、
前作においては、各人の風貌や仕草が本物そっくりで実によく似ていた。ただし、似すぎているがゆえに「伝説」と言われた実際のエピソードとの差異が「粗」となって視えてしまった感があった。ジョブズやアップル社の歴史を既知の人にはある程度楽しめる出来だと思えるが、やはり、テーマが絞り切れていない点は否めない。
本作では、前作とは異なり、登場人物の風貌が見た目ではお世辞にも似ているとは言い難い。が、しかし、上映が進むうちに、登場人物の、その表情の奥にある「思考(思想)」が浮き上がって視えてくるような印象を受けた。これはエピソードを絞り込んだストーリーと脚色にキャストの内面的な演技を合わせた監督の仕掛けなのかもしれない。

となると、ジョブズのパーソナリティを形成した、彼自身の幼年期や学生時代(禅との出会い)に焦点を絞った映画化も期待したくなる。



★映画“Steve Jobs”(2015年制作版)のFacebookはこちら ⇒ https://www.facebook.com/...

★映画“Steve Jobs”(2015年制作版)のtwitterはこちら ⇒ https://twitter.com/stevejobsfilmJP


―――――――――――――――――――――――――――――
第88回 アカデミー賞(2016年)

 ★ノミネート:
   主演男優賞 マイケル・ファスベンダー
   助演女優賞 ケイト・ウィンスレット


第73回 ゴールデングローブ賞(2016年)

 ★受賞:
   最優秀助演女優賞 ケイト・ウィンスレット
   最優秀脚本賞 アーロン・ソーキン
 ★ノミネート:
   最優秀主演男優賞(ドラマ) マイケル・ファスベンダー
   最優秀作曲賞 ダニエル・ペンバートン

―――――――――――――――――――――――――――――

映画「スティーブ・ジョブズ(原題:“Steve Jobs”)」(ダニー・ボイル監督×アーロン・ソーキン脚本×マイケル・ファスベンダー×ケイト・ウィンスレット、2015年制作版)

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

ネコまいける画像 投稿者:
ネコまいける
詳細情報
  • 原題: “Steve Jobs”
  • 人名: 【監督】ダニー・ボイル
  • 【原案】ウォルター・アイザックソン
  • 【脚本】アーロン・ソーキン
  • 【音楽】ダニエル・ペンバートン
  • 【製作年】2015年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【配給】東宝東和
  • 【上映時間】122分
  • 【キャスト】 マイケル・ファスベンダー(⇒スティーブ・ジョブズ)、 ケイト・ウィンスレット(⇒ジョアンナ・ホフマン)、 セス・ローゲン(⇒スティーブ・ウォズニアック)、 ジェフ・ダニエルズ(⇒ジョン・スカリー)、 マイケル・スタールバーグ(⇒アンディ・ハーツフェルド)、 キャサリン・ウォーターストン(⇒クリスアン・ブレナン)、 パーラ・ヘイニー=ジャーディン(⇒リサ・ブレナン(19歳))、 リプリー・ソーボ(⇒リサ・ブレナン(9歳))、 マッケンジー・モス(⇒リサ・ブレナン(5歳))、 サラ・スヌーク(⇒アンドレア・カニンガム)
  • 2016/02/17登録
  • 2104クリック

「映画「スティーブ・ジョブズ(原題:“Steve Jobs”)」(ダニー・ボイル監督×アーロン・ソーキン脚本×マイケル・ファスベンダー×ケイト・ウィンスレット、2015年制作版)」を検索

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (9)

さてと、そろそろ今日のシゴトは店じまいしてに晩ゴハンにしよう。 今宵は家族が送別会とかでみんな出払っているのでワタシだけで「おひとりさまの晩酌」だ。 と、デスクを片づけ...

気になるのが、タイトルに含まれる “ZEN” の文字である。 この “ZEN” は、ご推察のとおり、「禅」の “ZEN” なのだ。 『プレゼンテーションZEN』とは何か...

「師匠、お願いがあります」 大手IT企業で産業医を務める女医さんからメールが来た。このオバちゃん?…ぢゃなくて、このお姉ちゃん、ワタシのことを「師匠」と呼ぶ。 先般、彼女...

あるIT系の企業向けに「マインドフルネスについて」と題するセミナーを行うことになった。 で、依頼主の産業医さんが、キャッチーなネタ本があったら紹介してほしいとの要望がきた...

クライアント企業の産業医からセミナー講師のオファーがあった。 テーマは「マインドフルネスについて」だと言う。 「なんで、ワタシなの?」と訊くと、 「だって、いろいろとス...

随分前のことになるが、WOWOWシネマ(24時間映画専門チャンネル)の《 W座からの招待状》という番組で、本作品「スティーブ・ジョブズ」(2014/12/21 OA)を観...

本書の原本は、1970年にアメリカで出版された「禅 “ZEN”」の入門書、“Zen Mind, Beginner's Mind”(First edition,Weathe...

スティーブ・ジョブズが「禅(ZEN)」に傾倒していたことはよく知られている。 しかし、ジョブズ自身が「禅」とどのように向き合い、「禅」が彼の会社(アップル社、NeXT社)...

本書は、スティーブ・ジョブズと乙川弘文(旧姓・知野)の物語を描いたコミックである。 タイトルの「ゼン」は、「禅」の “ZEN” である。 主人公のスティーブ・ジョブズ...

携帯でこのページにアクセス

映画「スティーブ・ジョブズ(原題:“Steve Jobs”)」(ダニー・ボイル監督×アーロン・ソーキン脚本×マイケル・ファスベンダー×ケイト・ウィンスレット、2015年制作版)

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-14641477

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ