関心空間はグルメのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

珈琲 トラム

Coffee Tram

  • Coffee Tramの画像

青山のオフィスに通ってた頃、表参道駅のあの狭くて A5 の狭く急な階段を上ってやっと地上に出たとき、その日の風向きによるけど、えもいわえれぬ深煎り豆の焙煎の良い香りがしてきた時には、朝からなんとも幸せな気持ちになれたものだ。

そんなお気に入りの大坊珈琲が建物の建て替えに伴い惜しまれつつ閉店した。
大坊さんはというと、ご自宅にあのカウンターを設え、例の人力の手廻しロースターで豆を煎り、例によってお湯入れは右手固定でネルの左手を注意深くちいさな弧を描くようにまわし・・・で、いまでもご友人にあの味を振舞われているという。

たとえば、
鳴り物入りのブルーボトル・コーヒーにしても流行りは浅煎りみたい・・・どうも私にはピンとこない。

で、
もともと大坊珈琲を教えてくれた知人から教わったのが弟子筋が始めたこのお店。
恵比寿の ' Bar Tram ' の店を昼間借り、19:00までは珈琲屋としいわゆる二毛作でスタート。

懐しくって、
今回の上京では二日続けてお邪魔した。
秋晴れにしてはちと暑く大好きな大坊珈琲風のアイスコーヒーを飲む。
 
 これだ!かなりかなり近い!

煎りは濃いのに酸味も雑味もない飲みやすい大坊珈琲の世界が再現されている。
もとは Bar なので昼でも薄暗く、酒瓶が壁面いっぱいの店構えが良い雰囲気ですしね・・・入り口の木製の扉が半身分なのが面白い。

おしむらくは、
アイスの場合、本家のあの「かちわりのまん丸氷」ではないことと、大坊珈琲のあの画期的なシステム(豆と水の量を指定しそれぞれが好みの濃さで頂ける)は受け継いでないこと。

そうはいっても、
本家と同じく人力手回しロースターの自家焙煎豆も買っちゃいましたが、上京のたびに通うと思います、ここは。

 参考:
 絶滅した名コーヒーが再び! 大坊珈琲店の味が復活
 食べログ

 HP:
 http://small-axe.net/coffee/

Coffee Tram

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

Poughkeepsie画像 投稿者:
Poughkeepsie
詳細情報
  • 2016/10/19更新 renew
  • 2016/10/18登録
  • 156クリック

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (4)

時々行く店を列挙します。どこかがお好きな方は他の店も気に入る確率が高いと思います。 原宿 「アンセーニュ・ダングル」 通称カフェかど。右奥の席が落ち着く。 ...

青山近辺でコーヒーを飲むならココ! というぐらい美味しいコーヒーを入れてくれます。 店の入り口に生けてある季節の雑草にも、 そして店主の大坊さんの人柄にも心がなごみます。 コーヒーもいいけど...

世界のトップトレンド・セッター達が集まる表参道に古くからある自家焙煎・大坊珈琲店。店内は珈琲を焙煎するときの煙で燻され、いい具合に味が出ている。黒に近い茶色の木の壁、同色のカウンターが入り口...

ここんところすっかりcafeブームで、マシンで淹れたエスプレッソはどこでも飲めるようになった。前は、あんなにきっつーいエスプレッソが飲みたかったのに、天邪鬼なのか最近はフ...

携帯でこのページにアクセス

Coffee Tram

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

近所の情報

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-1255720

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ