関心空間はレジャーのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

コドモノセンキョケン

子供の選挙権

  • 子供の選挙権の画像

選挙の投票には必ず行きます。 死に票が結構多くて虚しいと感じることも往々ですが、政治に意見を反映する数少ない機会ですから。
ところで、日本では二十歳になるまで投票権がありません。 だから、息子と娘が居る四人の家族でも、投票数は二票にしかならない訳ですね。

「子供の選挙権」に関して、考えてみたのですが、子供達が成人するまで、その扶養者が子供の分の選挙権も行使出来る、というのは如何でしょうか? そうなると、今よりずっと若い子育て中の夫婦(もしくは母子家庭・父子家庭?)の政治的影響力が大きくなり、今のように老人におもねる政策ばかり街頭で連呼する候補者の姿勢が変わってくると思うのです。 教育や子育てに対する行政の対応も随分違うのではないでしょうか?

二十歳の成人式を迎えた時点で、選挙権が扶養者から本人に移行すれば、今までと同様に本人が選挙権を行使出来ます。 子供にも人権が存在するとすれば、選挙に関しても、自分の立場を反映した投票行動をして呉れる人(=保護者)が、その権利を適切に行使して呉れることが子供自身にとっても有益なことなのではないでしょうか?

何故、今までそういう議論が無かったのだろう、と考えてみたのですが、やはり数百年前のテクノロジーを基盤とした選挙では、個々人の子供の有無や数、その年齢まで掌握して、適切な投票数を各保護者に与えるということが難しかったからなのではないでしょうか? 今なら、コンピュータもデータベースもありますから、比較的簡単に出来ますよね。 技術的に難しい部分があるとは全く思えない。

しかし、そういう議論が全然出たこともない、というのは、選挙を実施する側に、そういうことをやりたくない、何らかの理由があるのではないか、と勘繰りたくなります。 周囲の人達にこの考えを話してみると、「お前にしては珍しく筋の通ったまっとうな意見だ。」というありがたい反応を頂くことが多いのですが、如何なものでしょう。 

2010/01/23追記
珍しく、ブログで子供の選挙権について言及したものを発見

2010/02/27追記
日経ビジネスオンラインに「子供にも1票で「シルバー民主主義」は変えられる?」という記事があるのを教えて貰いました。 私がこのKWで考えていたようなことが、かなりカバーされている感じですが、実際に変えて行く為の方法論までは言及されていないですね。 

2011/09/13追記

9月13日の日経新聞37面「未来欄」というページで、私の投じた「未成年分投票権」という記事が、記名で掲載されました。 マスメディアがこの件について取り上げるのは珍しいと思っていたのですが、本当に全国版の記事になるとは、嬉しい驚きです。 日経新聞はやはり経済を伸ばす意味でも若年層への社会資本の投下を進めたいと思っているのでしょうね。

2013/07/15追記
東北大学大学院経済学研究科の研究結果として「「若年世代は1%の投票棄権でおよそ13万5千円の損!?」-年齢別投票率の違いが世代間の格差を拡大している可能性-」というのがリリースされました。 具体的に投票を行わないことで、どの程度損失が発生するのかを試算したものは初めて見たので、参考になります。 逆に、子供世代に投票権を与えることで、どれだけ利益をもたらせるか、という試算にも使えるかも知れないですね。

2016/06/14追記
日本若者党、という政治団体の政策として、「こども選挙権」が取り上げられた。 これは、この団体のメンバーとネットを通じて色々意見交換し、その結果として、団体の主張の一つとして取り上げて貰えたもので、実現への貴重な第一歩かも知れない。 まだ先は長いだろうが、重要性を言い続けて行きたい。

子供の選挙権

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

島崎丈太画像 投稿者:
島崎丈太
詳細情報
  • 2016/06/14更新
  • 2007/04/18登録
  • 12603クリック

このキーワードを共有する

コメント (13)

最新コメント5件

2010/04/07

島崎丈太 投票を行うことが基本的人権だとすれば、高齢者の選挙権被選挙権を停止することは多分問題になると思われるので、成人する前の子供達の投票の権利を親権者が代行する方が、摩擦は少なかろうと思うのです。 それと、70歳過ぎても全く矍鑠として頭も冴え渡った方も多くいらっしゃいますし。(自分もそうなれたら、と願っております)

2010/04/25

osamhu 小南小僧さんとikm.さんのの書き込みにはっとさせられました。子供を持っている人の声と子供の声はやはり別のものである、と思いました。

2010/04/26

島崎丈太 子供本人の意見と、親の意見が合致することはまず無いと思うのですが、それは古来からの忘れっぽい人間の本性ですからね。 ただ、少なくとも「現状では不利な状況に置かれている子育て世代の発言権」を強化することで、高齢層が過度に占有している社会リソースを、もう少し子育て世代に回すことで、社会のバランスを好転させられないか、と思う次第です。

2011/09/13

島崎丈太 本文にも追記しましたが、このKWの意見が、今日の日経新聞37面に小さいながらも実名の意見として掲載になりました。 マスメディアでこういう意見を取り上げて呉れるとは余り考えていなかったので、嬉しいです。 さて、何か反応があるかしらん?

2016/06/22

島崎丈太 例えば、未成年の子供の投票権を、親が行使するのだ、という建前になっていたら、選挙が公布された時に、全国津々浦々の小中高で、先生が「皆さん、そろそろ、皆さんの家に、皆さんの選挙権の分の投票用紙が届いています。 お父さんお母さんに、投票権を表す葉書を見せて貰いましょう。 そして、お父さん、お母さんに、その投票権を、どのように使うつもりなのか、尋ねてみましょう。」と呼びかけたら、どうなると思いますか? 子供たちに、そう問われて、「うるさい、どうせ選挙に言っても効果なんか無いんだから、私の選挙権だけでなく、お前の選挙権も、使わないよ」と答えられる親が、そんなに沢山居るとは思えません。 又、選挙当日についても、学校で「お父さん、お母さんに、選挙に連れて行って貰えるよう、頼んで御覧なさい」「お父さん、お母さんに、選挙に行ったかどうか、尋ねてごらんなさい」と学校で言われていて、そこを敢えて無視してゴルフに行ったり、パチンコに行ったきりになれる親が、どれほど居るでしょうか? 子ども達自身が、自分たちの選挙権を守るために、親をプッシュして投票行動を起こすような圧力となることが出来るのです。(勿論、学校組織の協力も必要ですが、テレビでも、当然、子ども達に、上記と同様の呼びかけを行うことに、(建前上は)異論が無い筈ですよね。 未成年の親の居る家庭では、こうして、飛躍的に投票率が高まると思われます。  それだけではありません。 子供が親に政治的な方針を問うことで、家庭内で政治に関する会話が惹起され、子ども達自身も、幼い時から、政治について、ある程度考えるようになるでしょう。 親をプッシュした手前、その子供たちが成人した後も、選挙に行く傾向は、今までより高い筈です。 如何でしょう、「未成年の子供たちの選挙権を親が代理で行使する」という概念により、選挙に対する、子育て世帯の意識と行動を、劇的に改善出来る可能性があると、お思いになりませんか?

つながりキーワード (10)

《多くの重いものが、精神にとっては存在する。その精神は、強くて、忍耐強く、また畏敬の念を宿している。つまり、重いもの、この上なく重いものを、その精神の強さは熱望してやまな...

古典的な問題。「ピカソの絵」の正確な意味は? (1) ピカソが描いた絵 (2) ピカソが所有している絵 (3) ピカソを描いた絵 答えは分からない。日本語の「の」の意味は文脈で判断するし...

映画・ビデオ選挙

  • (ryouji)

2006年、想田和弘監督。 日本映画が、何を見ても面白かったときはさすがに去り、このごろは洋画と同じくつまらない、がっかりするようなものが多い。しかし、そのぶん、ドキュメ...

ノンカテゴリー投票済証

  • (メタボリカ)

事後のKW登録で恐縮ですが。昨日もいつもと同様朝方に投票所へ。ちょっと違ったのは、投票後これをもらったこと。(画像には念のため不許複製の施しを。) 投票は国民の義務とい...

ノンカテゴリー衆議院選挙 8月30日

  • (おまんじゅう)

関心ありますか? 若者の選挙離れだなんだってメディアではさんざん言われていて、 私も選挙権持ってからわずか5年で、 政党だ政策だ、よくわからない事も多いけど、 それでも...

石川県が平成21年度より始める「子育て応援エンゼルネット事業」で用いられる擬似通貨。 「子育て応援エンゼルネット事業」の概要は以下の通り。 ・子育て世帯、学童保育団体、保育所に、希望す...

一票の格差、という問題があります。 人口と議席数のバランスの乖離により、2006年3月31日の時点で、島根県民の一票と、私の住む神奈川県民の一票では、参議院の場合で、なん...

自民党広報本部副本部長、世耕弘成氏の新刊。 この方、リクルート事件の際にNTTの広報担当 だったという広報畑一筋の人。 タイトルが地味すぎてあまり売れなそう(!) です...

統一地方選挙も後半戦に突入しました。 さて、今年(2007年)は北海道の夕張市が財政再建団体になり、市長選挙には7名もの立候補者が出てきたり、山梨県のとある村では選挙違...

18世紀のイギリスの選挙の姿を追求した本。議員の出自はどんなものだったか、選挙区はどんな風になっていたか、なぜイギリスでは重複選挙が可能だったのか、「腐敗していた当時の」選挙がどんなものだっ...

携帯でこのページにアクセス

子供の選挙権

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (1)

子供の分の選挙権を保護者に与えたらいいと思うんだ

  • Blog::R.1000Leaf | Tracked: 09.5.10 1:15 am

子供の数がどんどん減ってるんだし、そろそろバランス取らないと。定年後も安心な年金制度や高齢者に優しいバリアフリーな道路よりも、しっかりした教育機関と安全な通学路...

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-1128856

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ