みんなのクチコミが 294,626 件!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

2016/08/28

1.3~1.7mm

  • 1.3~1.7mmの画像

涼しい。そんな日に書く日記でもないのだろうが、最近ひやむぎにはまっている。

事の起こりは新橋で、たまたま入ったほりうちというラーメン屋だ。暑い最中であったのでざるらーめんというつけ麺タイプを注文したところ、つけ汁が甘くなく香りの効いた好みのものだったのだが、何より麺がいい。ぬらぬら…いや、ねろねろとした非常に趣深い舌触りと喉越しがクセになる。おまけに麺の上には刻み海苔がのっていて、これがまたこちらの好みを見透かしたようでうまい。そんなこんなでちょいちょい通ううちに、この麺の感じどこかで…?と思い至る。ああ、ひやむぎっぽくない?と。ひょっとして俺はひやむぎが好きなのかもしれない。あんまり食べたことないけど。そしてすしやに行って何が楽しみといえば細巻きで、それはとりもなおさず海苔をたくさん楽しみたいという一念からだが、そういえばそのすしやからお歳暮にもらった焼き海苔缶がある。これは…やるしかないな。

約4分でできる簡単ヨウ素ひやむぎ。

0. 前夜。下準備としてコップ1杯の水にハサミで細切りにした乾燥昆布適量を入れ、冷やしておきます。
1. ひやむぎを茹でます。
2. 冷蔵庫で一晩寝かした昆布水を取り出し、大さじ1杯ほどの醤油を入れてツユが完成。
 細切り昆布は取り出して、別途晩酌のおつまみにします。
3. 茹で上がったひやむぎを流水で洗い、水切りをして皿に盛ります。
4. そこへ満遍なく炒りごまをふりかけ、海苔をマジ?ってくらい刻んで盛ったら出来上がり。

ねろねろとした麺と、甘みのないツユ、ごまと海苔の香ばしさが最高の一品。栄養価的には出汁がらも頂く昆布と多量の海苔で、欧米人なら軽くオーバードーズを起こすヨウ素量だ。しかし日本人でヨウ素不足を起こす人はほぼいないので、あまり有用とは言えまい。だがうまい。何よりこの料理もまた、ストック乾物のみでできるところがいい。ヨウ素フリークの方は是非おためしあれ。
 

コメント(2)

2016/08/30

Poughkeepsie 昆布水だと旨味が増しましでしょうね。ワタシは、夏は氷で締めた素麺に薬味は一にも二にも茗荷派デス。 

2016/08/31

紙飛行機 みょうがもいいですなあ。

  • コメントを書く

携帯でこのページにアクセス

1.3~1.7mm

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック(0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/diary-14916519
ページの先頭へ ページの先頭へ